これからソフトを作る人は絶対にアジャイルサムライを読むべき。

アジャイルサムライ横浜道場#第一回に参加してきた。

読書会といえばカーネル読書会には参加したことがあるけど、ワールドカフェ形式というのは初めてだったので、読み合わせをするものだと漠然と思っていたらいきなりディスカッションになってちょっとビビった(^^;

ワールドカフェについては三重の国おこし紹介のサイトに紹介されている通り、”「集合知」を引き出す話し合いの手法”なんだそうな。

ちなみにディスカッションのテーマは、会場を入ってすぐのところにお題候補一覧が提示されているホワイトボードが置いてあって、そこから各自が興味のあるテーマを3つ選択して、その3テーマを6個のテーブルで取り扱う(1テーマ×2テーブル)というしくみになっていて、

  • アジャイルの導入
  • 自己組織化
  • アジャイルの導入に関する困難な点、共有しづらい点について

の3テーマだった。

んで、ビビりながらもアジャイル開発への興味とアジャイルサムライを読んだときの感動を誰かと共有したい気持ちと、どうすればこれを日々の開発に取り入れられるんだろうという疑問には逆らえずに思っていることや参加者の皆さんに聞いてみたいことをいろいろディスカッションした。

私は①アジャイルの導入、②と③で自己組織化の順番でテーブルを回った。詳細なディスカッションの内容はテーブルの上に広げた模造紙に書き込んだ(手元のメモが無い)ので全部は覚えていないけど、3つのテーブルを回って思ったのは、「ココに来ている人たちはみんな情熱をもって仕事しているな~こういう人たちと働いたら楽しいだろうな~」でした。

会場には、以前Linux女子部でご一緒させていただいた@natsu_nananaさんと@tyobichiさん、TDDBC横浜でご一緒させていただいた@joker1007さんと再会することが出来て心強かったです。@natsu_nananaさんの参加レポートは良くまとまっているので必見です。

そしてビアバッシュ。20時開催、22時からのビアバッシュで禁断のピッツァとビールがうまいです(^q^)ダイエットのことは忘れるんだ幹事の皆様ありがとうございます!

・・・まあそれはともかくとして、勉強会に参加すると確実に日々の仕事に対するモチベーション向上につながる気がするので、忙しくて余裕が無い人ほど歩みを止めて、周りで今何が起こっているのかを感じることが大事なのかな。。と思いました。

あと、やっぱり参加者の人が(多分ほとんど全員)自分よりヤングでした。BBAでも開発しながら生きてくし、ワクワクすることに首を突っ込みたいし、齢をとることは素敵なことなんで全然問題ないんだけどね(^^;)若くしていろんな経験や知見を積んでいる人たちを目の当たりにすると、わーすごいなー負けてるな~と思ってしまいます。いや、負けないようにがんばるけどさ。

yuri について

にごり酒と図書館と夜明けとマイナーOSと雨上がりと干物がすきな自称ぼっち
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です